背を向けて

今年も大倉山梅林へ訪れました。 しだれ梅には多くの見物客がカメラやスマートフォンを向けていました。 このSIGMA APO 150mm F2.8 MACRO(フォーサーズ用)は、マイクロフォーサーズで使えて、Exifも残せる唯一の望遠マクロで、今となっては希少なレンズです。 AFは全然信用できないし、M.ZUIKO 40-150mm F2.8も接写能力が高いので、使いどころが少ないのですが、小さいものを大きく映すには最強なので、希に使います。 いつもピントの精度が悪いのですが、今年はかなり歩留まりが高かったです。