遊覧船「マリンルージュ」でベイブリッジと青空を楽しむ

2015年9月12日土曜日は、台風と大雨も去り、美しい青空が広がっていました。こんな天気のいい日に行って見たかった場所があります。それは遊覧船「マリンルージュ」で見るベイブリッジでした。 遊 覧船マリンルージュは、山下公園などから出航し、ベイブリッジをくぐって外海へ出て、鶴見つばさ橋を経由して山下公園へ戻るのが航路です。船の上からはベ イブリッジをくぐるところが見られますし、外海へ出れば房総半島も見られます。陸の上からは絶対に撮影できないアングルで、横浜ベイエリアを撮影できるの です。 しかし朝から足の怪我の通院で整形外科へ行かなければならなかったのです。9時前に家を出て、終わったのが11時。マリンルージュの出航は12時…あきらめかけていましたが、ぎりぎり間に合う算段が立ったため、急いで山下公園へ。 切符売り場で乗船のみの切符を購入し、船に乗り込みました。船で食事を取るカップルや家族連れなどには目をくれず、展望デッキでカメラをスタンバイしました。 早速スカイデッキから氷川丸を撮影しました。船の上からなら、氷川丸を真横から見られます。 [caption id="attachment_548" align="aligncenter" width="600"] LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.[/caption] 船はまずみなとみらい、赤れんが倉庫で乗客を乗せました。途中では赤れんが倉庫やぷかりさん橋を見下ろしたり、海上保安庁の「あきつしま」を眺めたり、ランドマークタワーをはじめとするみなとみらい地区を一望したりできました。 [caption id="attachment_545" align="aligncenter" width="600"] LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.[/caption] いよいよ船はベイブリッジを目指して進みました。ベイブリッジをくぐろうとしているのに、スカイデッキにはあまり人がいませんでした。なぜなら、みんな船の中でランチタイムだったから。青空も海も美しく、ベイブリッジが空に映えます。こんな絶景を見ないなんてもったいないことこの上ありません。 [caption id="attachment_542" align="aligncenter" width="600"] LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.[/caption] ベイブリッジをくぐる瞬間です。橋を見上げるような構図が作れるのも、マリンルージュのクルーズの醍醐味です。 [caption id="attachment_540" align="aligncenter" width="600"] ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 FISHEYE[/caption] こちらは魚眼レンズで撮影したベイブリッジです。ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheyeは、青空がものすごく濃く、藍色に出るのが特徴です。 ベイブリッジをくぐると、外海へ出ます。外国の船がたくさん漂っていました。 [caption id="attachment_539" align="aligncenter" width="600"] ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD[/caption] また、もやがかかっていましたが、房総半島も見られました。 船は左へ引き返し、鶴見つばさ橋へ向かいました。3年ほど前にこのクルーズに乗った時は、強風で外海に出られず、鶴見へは行かなかったので、つばさ橋を眺められませんでした。今回はつばさ橋も撮影できたのは幸運でした。 [caption id="attachment_549" align="aligncenter" width="600"] ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD[/caption] 扇島には工場が多く立ち並び、羽田空港からは飛行機が飛び立っていました。工場萌えも満足? でも船から工場の夜景撮影はかなり厳しいでしょうね。 [caption id="attachment_537" align="aligncenter" width="600"] LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.[/caption] つばさ橋をくぐり、振り返ると大きな船が内海へ入って来ました。空と海に調和したデザインが印象的です。 またみなとみらいへ戻り、ベイブリッジを横目に山下公園に戻りました。満足のいく写真が撮れて、ちょっと疲れて客室へ戻りました。 そのあと昼ごはんを食べて、家に帰りました。撮りも撮ったり200枚。現像が大変でした。