品川・藤沢間でワープを体験〜湘南ライナー

東京から小田原まで平日の夕方から夜にかけて運行される快速列車「湘南ライナー」。

今日私は職場から富士宮へ行くことになっていて、そこで初めて始発から乗り、グリーン車で移動時間を快適に過ごすことができました。

しかもSuicaチャージで貯まったJREポイント600ポイント(期間限定)でお得に乗車できました。

湘南ライナーについて

湘南ライナーは、快適な通勤のための有料列車で、小田原・東京間で運行されています。

普通車
東京と品川から普通車に乗るためにはライナー券の購入が必要(510円)です。大船より先は通常の快速として運行され、ライナー券は不要です。
どの車両に乗るかはチケットに記載されていますが、座席は決められていません。

ライナー券はホームで購入できますが、完売するか発車1分前になると販売が締め切られます。

グリーン車

全区間での乗車にグリーン券が必要です。ライナー券は不要で、席が空いていれば東京から座って乗車できます。


大船から先でもグリーン券は必要です。

東京駅で慌ててライナー券を買う

今回湘南ライナーのグリーン車で小田原へ行き、小田原から先は普通列車のグリーン車に座るつもりでグリーン車のチケットを買いました。
モバイルSuicaやモバイルSuica定期券の購入でたまったポイントで乗車できました。
グリーン券はJREポイント600ポイント(キャンペーン期間終了後は700ポイント)。平日であっても長距離であってもです。
平日のグリーン車で50km以上移動すると1,000円弱かかりますので、Suicaチャージよりも遙かにお得です。

定時きっかりに退社し、横須賀線の地下ホームから地上の東海道線の九番線のホームへ急いで移動し、ライナー券のチケットを慌てて購入しました。
残り20席程度で、ぎりぎりでした。

グリーン券があればライナー券は不要だった

購入後、駅のアナウンスで「湘南ライナーの乗車にはライナー券かグリーン券が必要です」と言われました。
ライナー券『か』って言いましたよね。グリーン車に乗るのにライナー券はいらないって事?

でも一応チケットを買ったので普通車に乗車し、藤沢へ行きました。

湘南ライナー1号の車内の様子

普通車は特急踊り子号の車両で、2階建てのあれではありません。本や雑誌を持っている乗客が多いようでした。
また缶ビールを空けて、車内でビールを飲んでいたり、弁当を広げていたりする様子も見られました。
体調の優れない人は食べ物の匂いでやられてしまうかもしれません。

ワープゾーン

東京から品川を過ぎ、横須賀線の線路で鶴見まで行くと、貨物の線路に入りました。

iPadでGoogleマップを見ると、生麦から羽沢にある貨物の駅を通って、東戸塚へつながる線路を通っているようでした。

ワープゾーンは駅以外の場所がトンネルの中でした。携帯電話の電波も届かず、GPSも使えません。

それでみんな紙の本を読んでいたんだ...スマホでオンラインゲームやニュースサイトを閲覧するのは我慢しましょう。

藤沢からグリーン車に乗り換え

藤沢でグリーン車に移動しました。せっかくグリーン車の券を持っているのにグリーン車に乗らないのはもったいないですから。

しかしグリーン車に乗り込んで驚きました。車内が静かで外の音があまり聞こえず、シートの間隔がゆったりとしていて、おまけにシート下部に足置きがありました。普通車との格の違いを感じます。

車掌さんに聞いたところ、グリーン券を持っていたらライナー券は不要であるとのこと。ライナー券の510円が無駄だったようです。
でもグリーン車は自由席なので、満席になったら立って乗車する必要がありそうです。

ライナー券は乗車記念に取っておきます。そして次に乗車するときはグリーン車だけでのることにします。

平塚から小田原までノンストップで、貨物線を走るため、ほぼ一定のスピードを保っていました。


シートに深々ともたれ、目を閉じてまどろみ、レールとモーターの音を聞きながら、このときがいつまでも続けば良いなと思いながら小田原へと向かいました。

ライナー券を間違えて購入したのは失敗でした。しかし踊り子号の指定席グリーン車に乗車して小田原まで行こうと思うと、グリーン券で2,000円近くかかります。JRE600ポイントだけで、踊り子号の車両の指定席グリーン車で快適な時を過ごせたのですからとてもお得です。

熱海への接続も○

終点の小田原に着くと、同じホームの反対側で熱海行きが待っていました。すぐに乗り込んで熱海までグリーン車の中で過ごしました。

熱海までの移動を快適にするなら、JREポイント交換でグリーン車に乗るのがおすすめです。