Mac版Animate CCをiPadで操作できる「Astropad」

先日iPad proとApple pencilを入手しました。 あまりの快適さにイラスト作成がとてもはかどりました。 iPad用のイラスト作成アプリは充実していて、iPadだけで作業が完結するほどです。 しかし一つだけ不満が。それはAnimate CCのようなイラスト作成アプリがiOSにないと言うことです。

Adobe Illustrator Draw

Animate CCに似ているアプリとして、Adobe Illustrator Drawがあります。 Adobe Illustrator Drawはシンプルなイラスト作成アプリです。ペンやブラシ、消しゴムなどのツールが用意されていて、ラフに描けますし、見た目や操作性はAdobe Photoshop Sketchにそっくりです。 バケツツールはありませんが、図形で囲まれている部分をロングタップすると、領域内が塗りつぶされます。塗りつぶすのにわざわざブラシで塗らないといけないかと思いましたが、この機能があって安心です。 ただ、初めて使う人には分からなくて、2度目に起動したときにリコメンドされる機能なので、なかなかわかりませんでした。 できあがる画像はベクトル形式で、Illustratorなどと連携して使えます。 いくら拡大しても、線がにじむことはありません。 この点ではAnimate(Flash)で作っているものに近いものが作れます。 私が描いているイラストもベクトル画像なので、背景の作成などで利用価値がありそうです。 ただ、一度作成した図形は曲げて形を調整したり選択して消したりできません。消しゴムで線だけを削除したり、線をダブルタップして隣接する同じ属性の線だけ選択して編集・削除したりできません。この点ではAnimate CCの優位性があります。

どうしてもAnimate CCを使いたい!

漫画などではベクトル画像で作成したいため、Adobe Illustrator Drawでは力不足です。現時点ではiOS版のAnimate (Flash) CCのようなアプリが存在しないため、Adobe Photoshop Sketchで下書きをし、MacのAnimateでペン入れを行い、網ふせをしています。 せっかくiPad proとApple Pencilがあるのに、Macのマウスを使ってペン入れをするのは面倒です。 そこでAstropadの出番です。

AstropadiPadをMacの液晶タブレットに変える

AstropadはiPadをMacの液晶タブレットにする画期的なアプリケーションです。 指で操作することもできますが、iPad proとApple pencilに最適化されていて、この組み合わせで最大のパフォーマンスを発揮します。 有線接続またはWi-Fiによる接続のどちらかが選べます。有線接続ではレイテンシーがほとんどなく、画面描画が間に合わずに粗い画像が表示されることがありません。 デスクトップ版は無料ですが、iPadに入れるアプリは3,600円となっています。つまり有償です。しかしそれ以上の価値があります。

Macの画面がiPadに映り、操作ができる

MacとiPadにAstropadをインストールして起動し、同期を行うと、iPadにはMacの画面が表示されます。もちろんタップするとクリックしたのと同じ扱いになり、ドラッグするとiPadに軌跡が表示されMacがその操作を受け入れます。 これはもう、Macの液晶タブレットです。 筆圧感知もできるようですが、Animate CCでは使わないので全く考えたことはありませんでした。

ボタンをカスタマイズ

iPadではキーボードの入力はできませんが、修飾キー「コマンド・オプション・シフト・コントロール」が使えますので、Shift+クリックでの複数選択なども可能です。 また、キーボードショートカットを登録することにより、「やり直し」「選択ツールの選択」「削除」などの機能をiPadから呼び出すことができます。これらを駆使すれば、Macの操作をおこなわずにiPadだけで操作することができます。

Adobe Animate CCでAstropadを使う

iOSにはAnimate CCがないので、Mac用のAnimate CCでの操作をiPad pro+Apple Pencilでやらせて、ペン入れに活用しようと思います。 鉛筆ツールの書き心地は、マウスよりも格段に上でした。マウスでは思い通りの軌跡を描けませんが、Apple Pencilではほぼ理想的な線を描くことができました。 イラストレータがこぞって液晶タブレットを使う理由が分かる気がしました。 仮にぐにゃぐにゃになっても、線を選択して「スムーズ」を実行すれば、ぐにゃぐにゃな線もある程度なめらかになります。書き直したい場合やはみ出た線を削除する場合でも、「選択」して「削除」すれば可能です。 「スムーズ」「選択ツール」「削除」もショートカットに登録しているため、iPadで操作できます。キーボードを触らなくても作業ができます。 マウスで描いているときよりも格段に快適で、高い品質の絵が描けます。 網ふせはマウスの方が速いので、Macに戻っての作業になりました。 ただ、レイヤーの名前を入力するのはキーボードでしかできませんので、妥協は必要です。 今回のレビューではAnimate CCをイラスト作成の用途に限定した話となります。私Animate CCをアニメーション作成に使う気が全くないので...