Olympus E-M10 MarkIIで新宿を写真撮影

オリンパスプラザ東京フォトラリー(男子限定)に参加

2015年9月21日、オリンパス東京フォトラリーという講習会&撮影会に参加してきました。使用するカメラはE-M10 MarkII、レンズはM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8のみというレギュレーションで、参加者は純粋な撮影技術と新型カメラの使用方法を試されます。

この撮影会に参加するきっかけとなったのは、広角単焦点レンズの使い方を知り、LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 に活かしたいと思ったからです。

レンズだけを借りるつもりでしたが、E-M10 MarkIIも一緒に借りないといけなかったので、使うつもりはなかったのですがE-M10 MarkIIも使うことにしました。

ただ、設定を自分好みにするのに手間取ってしまいました。フォーカスピーキングの色を黄色にする方法は、E-M5 MarkIIでやったはずなのに、なかなかできませんでした。黄色にしたかったのは、前の会社で使っていたソニーRX-100のデフォルトだったからです。

講師はプロの女性写真家金森 玲奈先生とコムロミホ先生のお二方。参加者は2チームに別れて、各講師の指導の下、新宿界隈を歩きながらスナップ撮影をすることになりました。

私はコムロミホ先生について、南新宿や都庁を回って中央公園へ行くルートで散策と撮影をしました。

参加者は自分より若い人もいるのかなと思いきや、私のチームではわずか一人でした。あとは年齢もカメラ使用歴も断然上の猛者たちが勢揃い。初心者向けと言うより、玄人向けの講座となっていて、かなりレベルが高かったです。

OLYMPUS CORPORATION E-M10MarkII (17mm, f/4, 1/100 sec, ISO200)
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

まずは南新宿方面へ。ここには古いマンションや住宅が建ち並び、昭和の雰囲気を感じる通りとなっていました。

OLYMPUS CORPORATION E-M10MarkII (17mm, f/1.8, 1/800 sec, ISO200)
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

ここで珍しい住居がありました。壁にゲゲゲの鬼太郎のペイントがなされていたり、ジャズダンスをしている男性の絵が描かれている看板があったりしました。そこに住む男性に出会い、撮影している人たちがしばらく世間話をしていました。こんな出会いがあるのも、写真撮影の醍醐味なのかも知れません。

OLYMPUS CORPORATION E-M10MarkII (17mm, f/7.1, 1/60 sec, ISO1000)
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

コムロミホ先生に、軽トラックに当たって反射する光とNTT Docomo代々木ビルが美しく撮れるアングルがあると言われたので、試しに習って撮影してみました。

OLYMPUS CORPORATION E-M10MarkII (17mm, f/3.5, 1/500 sec, ISO200)
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

ポールが画面を分割し、現代的な建物と、昭和の雰囲気が漂う部分に分かれています。アートフィルター:ヴィンテージにより、昭和の雰囲気が更に濃くなりました。

そのあとは道を戻り、新宿のNSビルへ向かいます。途中でなぜかコムロミホ先生のモデル撮影会が行われました。…まぁ、男性限定の撮影会だったらこうなりますなぁ。でも先生はモデルも経験されているため、写真写りが良く、さすがだなと思いました。

ヴェスパのスクーターが止まっていたので、近づいて撮影しました。ロゴと塗装の金属質なところが印象的でした。

OLYMPUS CORPORATION E-M10MarkII (17mm, f/2.2, 1/4000 sec, ISO125)
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

さらに公園に滑り台があったので、これをフォトジェニックに撮影する課題が突発的に与えられました。どうやったら撮影できるのか。滑り台に反射する光を活かすか、上から撮影するか、みんなで試行錯誤しました。

絞り開放で撮影するとシャッタースピードが1/4000秒以上上げられないE-M10 MarkIIでは限界でした。そこでNDフィルターを取り付けて撮影しました。

別の人がアートフィルター:トイフォトで撮影したので、そのアイデアを頂戴し、合わせ技でこの写真を撮りました。

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

新宿文化クイントビルには、トンネルのようなオブジェがありました。それを撮影し、そのあとコムロミホ先生にトンネルの中に入っていただき、大きく手を伸ばしてもらったポーズを撮影しました。

OLYMPUS CORPORATION E-M10MarkII (17mm, f/2.5, 1/200 sec, ISO200)
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

ここで先生は、みんなで記念撮影をしましょう! とおっしゃったので、こんなこともあろうかと持参していた三脚ベルボンUT-43Qを取り出し、カメラをセットしました。

ベルボンUT-43Qは伸ばすと150cm、折りたたむと30cm未満になるので、カバンに入れて持ち運ぶことができます。SIGMA DP2 Merrillで使うのに買いましたが、ミラーレス一眼でも耐えられるので、重宝しています。

一枚目はみんなで立っているところを、2枚目はみんなでポーズを付けたところを撮影しました。

昼食は新宿NSビルの飲食店にて。そこは洋食の店でしたが、洒落た喫茶店としても通用するような内装でした。みんなでランチのパスタを食べながら、カメラ談義に花を咲かせていました。

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8は、テーブルフォトにも丁度良い画角と明るさでした。

OLYMPUS CORPORATION E-M10MarkII (17mm, f/1.8, 1/60 sec, ISO1000)
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

食後は都庁へ行き、様々な構造物を撮影しました。一枚目の写真はこの時に撮影しました。そびえ立つビルに、窓に当たる太陽の光を見て、ビルの迫力に太陽の光芒を入れるともっと迫力が出ると思い、シャッターを切りました。

OLYMPUS CORPORATION E-M10MarkII (17mm, f/11, 1/160 sec, ISO200)
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

都庁の脇を抜けて、新宿中央公園へ。林の中で彼岸花を見つけましたが、17mmでは画角が広すぎて、彼岸花に丸ぼけを入れて撮影するのが難しかったです。「デジタルテレコン」という奥の手を用いました。

OLYMPUS CORPORATION E-M10MarkII (17mm, f/1.8, 1/160 sec, ISO200)
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

ここで水飲み場を被写体にしている人を見つけ、さらに先生もかけつけてアドバイスをしていました。私も水飲み場をモチーフに撮影を試みました。

OLYMPUS CORPORATION E-M10MarkII (17mm, f/1.8, 1/800 sec, ISO1600)
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

ISO感度とシャッタースピードを上げたり、水の出方を調節してみたり、近づいてみたりといろいろと試しました。

先生は下の蛇口を撮影されていました。ここで蛇口から水を少し出して、水のしたたる様子を撮影してもらいました。先生はここで連写をして、水のしたたる瞬間をねらっていました。そして見事それらしい写真をものにしていました。さすがです。

続いて、都議会議事堂へ向かいました。ここは魚眼や広角をつかって広がりを表現するのが王道ですが、17mmのしばりでどうやって撮影するかが腕の見せ所でした。

OLYMPUS CORPORATION E-M10MarkII (17mm, f/5.6, 1/125 sec, ISO200)
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

議事堂前には外国からの観光客も来ていて、中国語が飛び交っていました。そんななか、議事堂から見た都庁に日光が当たり、光芒を描けると思って撮影したのがこちらです。

OLYMPUS CORPORATION E-M10MarkII (17mm, f/10, 1/250 sec, ISO200)
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

オリンパスプラザに戻り、お気に入りの一枚を各自選択し、金森 玲奈先生とコムロミホ先生のお二人に評価してもらいました。

一人一人の個性が出ていて、また撮影スキルも総じて高く、とても同じ場所を散策して撮影したとは思えませんでした。

撮影会を通じて、いろいろな人と知り合いになり、別の撮影会でも一緒になれれば良いなと思います。

 

追記

9月25日現在、新宿三丁目駅近くにある家電量販店のビックロへ行きましたが、E-M10 MarkIIはありませんでした。展示品も撤去されています。おそらく発売後に発覚した不具合により、販売が一時止まっている影響でしょう。

撮影会でE-M10 MarkIIを使わせていただき、こうして写真をブログやSNSにアップしておりますが、これがいかに贅沢なことかなかなか理解できませんでした。

早く不具合が解消され、供給が復活し、皆さんの手元に届くようになることを祈るばかりです。

 

 


コメント

送信フォーム

入力エリアすべてが必須項目です。

内容をご確認の上、送信してください。

※メールアドレスは公開されません