LUMIX DMC-CM1との顛末

その後LUMIX DMC-CM1の情報を集め始めました。カメラの画質はスマートフォンやコンパクトデジカメよりは良いですが、スマートフォンも画像処理が巧みで、綺麗に見せようとします。iPhoneであっても、撮り方や条件によっては一眼に肉迫できるので、なかなか手強いです。

しかし、CM1の場合は露出のコントロールが細かくできます。シャッタースピードや絞り、ISO感度など、デジタル一眼のようなこともできます。RAW現像により、パソコンでレタッチを行い、思いのままに調整できるでしょう。

ヨドバシカメラのナイトセールで一時8万円に

寝る前に何気なくヨドバシカメラのサイトを見てみると、バナーにLUMIX DMC-CM1の画像が。なんとナイトセールで25日朝7時まで79,800円。ポイントも7,980ポイントつきます。これは安い。

しかし、情報が足りなすぎて必要とは感じず、結局購入を見合わせました。
翌日の朝、価格は13万円に戻っていました。なんなんでしょう、期間限定にして決断を急がせて、必要と感じないものを無理やり買わせようとするやり方は。
結局売りたいの? 売りたくないの?

価格.comで聞いてみた

果たしてLUMIX DMC-CM1はスマートフォンとして認めてもらえるのだろうか。価格.comで他の人に聞いてみました。
スマートフォンアピールをして、スマートフォンとして使っていれば良いかもしれないですが、一度カメラだと思われたら終わりだと。

あと、これはカメラとして売られている上、カメラとして使おうとしている以上、カメラであると。職場の偉い人でないかぎり、認められない旨の回答もいただきました。

結局の使う人がどれくらい社会的に信頼しているかによる

私は考えを改め、LUMIX DMC-CM1の購入を断念しました。なぜなら、私は会社や取引先の信頼がないからです。

LUMIX DMC-CM1がスマートフォンだろうとデジタルカメラだろうと、使う人に信用がなければ、情報漏洩を起こす人の疑いをかけられ、LUMIX DMC-CM1の勤務時の持ち出しも禁止してくるでしょう。逆にその人が現場での社会的地位が高くて、その人が現場になくてはならない存在であれば、あの人がLUMIX DMC-CM1を持っていたとしても、咎めることはできないでしょう。

スマートフォンでも、カメラに特化したものが果たして認められるか。その仮説の検証をしたとして、疑いをかけられてしまえば、せっかくコツコツと積み重ねた会社や取引先との信用を損ないます。会社や取引先のミッションを遂行する障害になりますし、利益になりません。

私がわざわざカメラ機能のない携帯電話を中古で買ったり、ウォークマンに買い換えたのも、現場のセキュリティーに配慮して、信頼性を高めるための行動です。もしセキュリティー事故が起こっても、疑われることがありません。

結局こんな挑戦をするよりも、まず自分の仕事をコツコツと正確にこなして、現場や会社に信頼されるのが先なのではないかと思いました。

派遣社員の分際でスマートフォンやLUMIX DMC-CM1なんぞを持つのは生意気なのです。


コメント

送信フォーム

入力エリアすべてが必須項目です。

内容をご確認の上、送信してください。

※メールアドレスは公開されません