Apple Watch Series 3を使うためのおすすめ料金プラン

Apple Watch Series 3を使うためには、docomo、au、Softbankのいずれかの回線を契約したiPhoneが必要です。キャリアごとに料金プランが違うので、比較して自分に最適な料金プランを選ぶことが重要です。

契約条件

  • iPhoneは持ち込み
  • 家族めいめいで利用料金を支払う
  • 期間限定の割引プランは考慮しない
  • パケット通信は月1GB未満
  • 固定通話・通信サービスの抱き合わせは利用しない

docomo

docomoショップで料金を案内してもらおうと思いましたが、どこも混雑していて1〜3時間待ち。窓口で聞くのを諦めてしまいました。

デバイスプラスは、iPhoneに対するApple Watch Series 3用の契約プランで、eSIMの契約で追加されます。iPhoneのSIMと同じ電話番号を使用できます。3キャリアのうち、docomoが最も高い設定となっております。

1GBも使わないのに最低が2GBであり、6,000円もかかってしまう計算です。端末持ち込みでは最も不利なプランとなってしまいます。

カケホーダイライトプラン 1,700円
SPモード 300円
データSパック(2GB) 3,500円
デバイスプラス 500円
合計 6,000円+税

au

家の近所にauショップがあり、そこで安いプランについて聞いてみました。

auピタットプラン(スーパーカケホ)には、LTE NET(携帯電話端末でインターネットを使うための契約。docomoで言うところのSPモード)も含まれています。

1GBまでで3,480円、それを超えると1GB超過につき500円〜1,000円ずつアップするイメージです。小容量でも無駄なく使えそうです。

auピタットプラン(スーパーカケホ)2年契約(誰でも割ライト更新あり)(〜1GB) 3,480円
ナンバーシェア 350円
合計 3,830円

Softbank

ネットではiPhoneを購入すること前提で提示してくるので必要な情報が分からず、ショップで教えてもらいました。

iPhone 8が発売されたばかりであるにもかかわらず、店内は閑散としていました。Pepperくんがお出迎えしてくれました。
Softbankユーザーはコンピュータに詳しく、極力ショップに頼らないのか? と思ってしまったくらいです。すぐにサービスが受けられるのはありがたいです。

スマ放題ライト 1,700円
ウェブ利用料 300円
データ定額ミニ1GB 2,900円
Apple Watch モバイル通信サービス 350円
合計 5,250円

コメント

送信フォーム

入力エリアすべてが必須項目です。

内容をご確認の上、送信してください。

※メールアドレスは公開されません