iPhone 7/7 plus発表

2016年9月8日未明、AppleのiPhoneの新製品「iPhone7/7plus」が発表されました。

普段の私なら、「あっそ」でしたが、今回は「ぎゃふん」と言わされてしまいました。これはちょっと考えを変えなければならなくなりました。

iPhoneを買わない理由

私は20年以上のMac好きで、前の前に勤めていた会社ではiPhoneの発表のたびに「iPhone買わないの?」と入れ替わり立ち替わり聞かれる有様でした。
そしてそのたびに「Suicaが使えないから」との難癖をつけて、徹底的にiPhoneを拒絶しておりました。
「iPhoneで日本全国の自動改札で通れるようになるまでは」iPhoneは買わないと決めておりました。そしてその日は決してやってこないと信じていました。

なぜならSuicaなどの交通系電子マネーは世界最大のネットワークを誇りますが、あくまで日本独自のものですので、海外メーカーがスマートフォンに搭載することなんてあるはずがないのです。おサイフケータイは、日本の移動体通信がガラパゴスであることの象徴といえます。

iPhoneがなぜFeliCaをサポート?

その海外メーカーであるAppleがなぜ急にFeliCaに対応してきたのでしょう。

確かにその布石となる技術はiPhone6でもありました。NFCの搭載です。
しかしiPhone6のNFCで、Bluetoothのペアリングをワンタッチでできるということはありません。日本でサービスが行われていないApple Payのためだけに存在しており、Suicaをはじめとする交通系電子マネーが普及している日本では全く使えないものでした。

急にFeliCaをサポートするようになったのは、Apple Payの快適さを日本でより早く身近に享受できるようにするための措置なのかもしれません。自前で日本中の会計システムにApple Payを採用させるより、iPhone側がFeliCaに歩み寄った方が簡単だったのでしょう。

それにしても、FeliCaはソニーが仕様を押さえているので、よくソニーがAppleとカメラ以外でも手を結んだなぁと思い、びっくりしました。

NFCも紙のお金を不要にする

もしNFCによる決済が普及すれば、現金を持ち歩かずに生活ができます。支払いに小銭を財布から探す手間も省け、速やかに会計ができます。
交通系電子マネーやEdyなどのネットワークにより、それが可能になっています。
私も普段現金を持たずに職場へ通っています。

では、カード型で十分ではないかと思いますが、プリペイドカードを複数枚持ち歩く手間もかかりますし、カードにチャージするために現金を使うため、現金を持ち歩く必要があります。
現金を手に入れるためには、キャッシュカードを持って、コンビニエンスストアやATMで手数料を支払って銀行口座から引き出しを行う必要があるため、手間もコストもかかります。チャージできる場所は、駅の券売機やコンビニエンスストア、バスなどに限られています。

だからモバイルSuicaやEdyなどを携帯電話端末に登録して、通信によりクレジットカードなどからチャージを行えれば、わずかな通信費のみで好きな場所・好きな時間にチャージができます。
支払いの時にチャージ金額が足りなくても、その場でチャージができれば支払いが可能になるのです。

iPhoneがモバイルSuicaの機能を使えると

もし本当にiPhoneがモバイルSuicaの機能が使えるようになると、

  • 時と場所を選ばずチャージができる
  • iPhoneだけで改札を通れる
  • グリーン車や特急券を券売機以外の場所で購入することができる
  • 購入情報があるiPhoneをグリーン車の座席の上にあるマーカーにタッチするだけでグリーン車の座席に座ることができる
  • コンビニエンスストアや駅の近くのショッピングセンターでも買い物ができる
  • クレジットカード:VIEW Suicaカードによるチャージができる
  • ポイントがたまればiPhoneへボーナスチャージを行って1,000円〜として使用できる

など、iPhoneだけで可能になります。

そんなこと国産のAndroid端末でも可能じゃないかと思いますが、国産の端末ではiOSは使えません。モバイルSuicaの時はAndroid、その他の時はiPhoneを使い分けられるならいいのですが、そんな贅沢なことはできるはずがありません。

iPhoneを使いたくない理由が減ったけど…

もし端末が発売になって、モバイルSuicaの使い勝手が評判の良いものであるならば、購入したくない理由が1つ消えます。

でも、購入したくない理由はほかにもあります。
確かにiPhoneに搭載されているiOSは、iPadで使っていて非常に使い勝手の良いものでしたので、その機能を使ったスマートフォンはさぞかし使いやすいことでしょう。

しかし、私がスマートフォンというみいちゃんはあちゃんの使うような電子機器になどを手にするなんてあり得ません。
電車に乗っていても、スマートフォンを手にしていない人はほとんどいません。
会社の社食でも、スマートフォンを片手に食事をしているという、格好悪い姿を多く見かけます。
そういう人たちと一緒の行動を取って、どこが楽しいのか。端から見ていると何かに操られているかのようで異様です。

イヤホンがなくなったのは評価

新しいiPhoneからイヤホン端子が消えたのでダメだという声がありますが、私にしてみればイヤホンジャックにネズミの詰め物を入れている人がいるくらいなので、いらないような気がします。

イヤホン端子に差し込むクレジットカードリーダーは使えなくなるでしょうけど、むしろ楽天スマートペイなどのカードリーダーを使えば、クレジットカードのICチップの情報を使えるため、より信頼性・機密性の高い通信が確保できるメリットは大きいです。

また、iPhone本体のDAC(デジタル音声信号をイヤホン用のアナログ信号に変換する装置)が貧弱なので、サードパーティ製のDACが普及する可能性も秘めています。つまり、DACを選択する自由が増えるのです。

さすがに純正のアプリではハイレゾは扱えませんが、サードパーティ製のアプリでiPhoneに保存したFLACファイルなどをLightningケーブルを介してDAC・ポータブルアンプに流して、高品位なイヤホンへ出力するソリューションはありますから、それの発達を促すことでしょう。

Bluetoothの普及も促されますが、正直Bluetoothを使っている人が増えすぎると、2.4GHz帯が足りなくなって、まともに再生できないと言うことになるのが心配です。

カメラさえなければ…

結局はそこに行き着きます。これだけ理想的な端末なのに、カメラがついてしまっていることで、情報漏洩にうるさい現場での業務に使用できなくなります。というか、私がそういう現場で働いている以上、会社へ携帯することも、使うこともできません。

というわけで、見つかりました。iPhoneを購入しない新たな理由が。

周りは平気でカメラ付きスマートフォンを使っていますが、そもそもカメラがないスマートフォン作っていないので、現場も黙認せざるを得ない状況に陥っています。
だれがスマートフォンはカメラがついていないといけないと決めたのでしょう。

私はiPhone 7は欲しいです。カメラさえなければ!
カメラのないモデルをBTOで出てきたら、「ぎゃふん」と言わされて万難を排して購入したいと思います。


コメント

送信フォーム

入力エリアすべてが必須項目です。

内容をご確認の上、送信してください。

※メールアドレスは公開されません