【特集】絶対に失敗したくない! Bluetoothヘッドホン選び

Creative Aurvana Goldを買い換える

去年ワイヤレスヘッドホンCreative Aurvana Goldを購入しました。ケーブルから解放されるのはすごく便利ですし、マルチポイントに対応していて、音楽を再生しながら通話の待ち受けが可能で、バッテリーの持ちも良く、おまけにノイズキャンセルまでついている優れものです。

しかし、決定的な欠点が。それはPS Vitaとペアリングしても、Vitaの音声が再生できないことでした。Vitaのバージョンが2の頃は、ヘッドホンの電源OFF/ONで音声が鳴らせることがありましたが、Vitaのバージョンが3.0に上がると全くVitaで使えなくなりました。

これはVitaを通勤で使う時には、ヘッドホンが使えないことを意味します。ケーブルを繋げば使えないこともないのですが、それではメリットがありません。しかたないので、JABRA STREETというペンダント型のBluetoothレシーバーにイヤホンを繋いで使っています。

本格的にVitaを使う(もっとも、録画したビデオを持ち運んで観ることしかしていませんが)ことになると、やはりCreative Aurvana Goldでは力不足であり、それに代わるヘッドホンを探すことになります。

今度こそは長く使える良いものを選びたい。だから妥協はしたくありません。

ワイヤレスヘッドホンに要求するスペック

Aurvana Goldもかなり性能は高いので、それを上回るものとなると高価で限られた機種しかありません。

また、Bluetooth対応であるならば、ヘッドセットとしても使いたいです。携帯電話ともペアリングして音楽再生中に電話に出て通話をし、通話が終わったら音楽に戻りたいです。

家に帰れば、オーディオアンプと接続して、家で使うヘッドホンとしても使いたいです。ヘッドホンとして優れていても、Bluetoothがネックとなり、ヘッドホンの最高性能を発揮できないのでは残念ですから。

PS VitaやiPodともBluetooth接続し、ゲームやビデオ、音楽などに使いたいです。

要求仕様項目 バージョン・対応状況
Bluetooth Ver. 3.0以上
AAC 対応
APT-X 多分iPodが未対応なのでこだわりません。
AVRCP ヘッドホンで再生や音量調整できること。
HFP 携帯電話で通話できること。
マルチペアリング 対応
マルチポイント 対応。iPodで音楽を聴いている最中に携帯電話で待ち受けができること。
携帯電話SH-03B(HFP)通話 フィーチャーフォンでの通話に対応していること。この携帯電話はデバイスごとにHFPやA2DP接続を行うかどうかを切り替えることができます。
iPod 対応
PS Vita 対応
iPod聴取中発信 対応
曲の境界で音飛び無し iOS端末で使うと、曲の頭で途切れる機種があるため、テスト対象です。
電源入れて自動ペアリング 対応
電源入れてiPodに触れず曲の再生 対応。iPodを操作しなくても、曲の続きを再生できること。

これだけの性能を満たすBluetoothヘッドホンはあるのだろうか。私はヨドバシカメラ新宿西口本店や、e☆イヤホン秋葉原店へ行き、ヘッドホンをテストしました。以下の機種についてチェックを行いましたので、ご覧ください。

Bluetoothヘッドホンをチェック

コメント

送信フォーム

入力エリアすべてが必須項目です。

内容をご確認の上、送信してください。

※メールアドレスは公開されません