FFXIVゲームカードを購入

Final Fantasy XIVでは、Ver. 3.0の追加コンテンツ「蒼天のイシュガルド」がプレイできるようになっている頃ですが、私は「混沌の渦動」しか進行していません。新しいジョブには興味がなく、1年くらいした頃になって購入し、「やっとイシュガルド入れたんだ」と言われるような気がします。

でも一日たりともFFXIVのことは忘れたことはなく、時間を作ってプレイしたいとは思っても、他のことができなくなるのが惜しいと思い、全然ゲームをやっていません。

クレジットカードで決済していますが、あえて「自動更新」していません。プレイしていないのに毎月引き落とされるのがばからしいのと、課金が切れているためにプレイしないで早く寝る口実にしたいからです。

ゲームは面白いんだけど…のめり込むほどではない。いわば中途半端なつきあい方をしています。寝る時間を削ってまでプレイして、生活や仕事に影響が出るのは困りますから。

でもゲーム内で恋人になるくらい親密なチャット友達ができたりすると、のめり込んでしまいそうで怖いです。

そんな私ですが、どういう風の吹き回しか、FFXIVの代金を決済できるカードを購入しました。それには理由がありまして…

ナシュ似のローソンのアルバイター

家の近くのローソンで、切手やはがきなどをよく買っているのですが、店員の女の子がナシュ・マラカッカに似てるなぁと思い、ちょっと気になってしまいました。勇気を持って声をかけ、「君を見ていると、FFXIVのキャラを思い出してしまいます。猫耳や白いカチューシャをしたらそっくり」などと話しかけました。

後日スクリーンショットを撮っていたので、それをiPadに入れて見せてあげました。彼女は自分なりに調べていたようですが、違う人だったとのこと。それなりに興味はあったのかなと思います。

あの子FFXIVやるかなぁ。やるとしたら同じサーバーにキャラを作ってもらえる確率は…いやいや、「もしゲームやるならうちと同じサーバーにキャラを作って」とお願いするのが良いだろう。

蒼天のイシュガルドのゲームカード

南條愛乃のWebラジオ「エオルゼアより愛を込めて」で、各コンビニで「蒼天のイシュガルド」の絵がデザインされたゲームカードを販売していると聞きました。課金日数やコンビニの会社によって絵柄が異なるとのこと。全部集めてみたいとは思いませんが、1枚でも見てみたかったというのがあります。

ついでにナシュ似のローソン店員の子に話しかけるきっかけになるので、彼女にそのカードを探してもらい、カードの説明をしました。彼女は家の近くにファミリーマートがあるとのことなので、見てみたいとのことでした。

ゲームカードを買ってみたのは良いのですが、果たしていつ使うのか。それは完全に私の気まぐれです。


コメント

送信フォーム

入力エリアすべてが必須項目です。

内容をご確認の上、送信してください。

※メールアドレスは公開されません