駅のエスカレーターの輸送量が非効率的

エスカレーターは、関東圏では左側の一列だけを使い、右側を急ぐ人のために開けておくというのが不文律になっているようです。

しかし、本当はエスカレーターで歩くと、振動でエスカレーターに負担がかかり、最悪機械が止まってしまう危険があります。過去には武蔵小杉駅の東急と南武線の乗り換えで使うエスカレーターで事故が起こり、けが人が多く出ました。

それだけではなく、右側に乗った人は急いで行かないといけないんじゃないかという心理的な負担が生じ、急いでなくても心身が悪くても、エスカレーターで歩いてしまいます。そんな人でも、後ろから来た人は「この人急いでいるんじゃないか」と思い、前の人を急がせます。

その結果、右側のレーンに乗りたがらなくなり、混雑していても左側のレーンに乗ろうとする人が長蛇の列を作り、右側のレーンががら空きという奇妙な光景が繰り広げられます。これではエスカレーターの輸送量を半分しか使っていません。

高速道路は「一番右の車線は追い越し車線だから、空けておく」となっていますが、大渋滞しても一番右の車線ががら空きになっている高速道路がどこにあるのでしょう。

今足を怪我していて、エスカレーターでは歩けませんが、左側のレーンに長蛇の列をなしている時は、わざと右側のレーンに乗ろうと思います。


コメント

送信フォーム

入力エリアすべてが必須項目です。

内容をご確認の上、送信してください。

※メールアドレスは公開されません