人の優しさに触れる

先日足を怪我してしまいまして、移動するにも杖をついてゆっくり歩かなければなりません。上り階段よりも下り階段がつらく、エスカレーターやエレベーターが必要です。

また、電車などで立って乗る場合も、動き出す時や止まる時に膝に余計な力がかかります。膝をかばうため、杖とつり革などをしっかり持っていなければなりません。

席を譲られる

ラッシュアワーを避けるため、30分早く家を出ています。電車やバスで、よく席を譲られるようになりました。今まで譲る立場だったのに、譲られる立場になってしまったのはショックでしたが、好意に甘えさせて座るようになりました。

バスの後ろの方は段差があり、移動が困難です。前の優先席に座れるのはありがたいです。

ただ、譲る方は好意であるか、けが人が来たので義務感で譲ったのかもしれません。どんな場合でも、感謝の言葉を忘れずにします。決して譲るのが当たり前でしょ? 失礼なとか思ってはいけないのであります。

バリアフリー

通勤で使う駅や地下鉄の駅は、エスカレーターやエレベーターが完備で、この足でも西新宿まで通えるのはありがたいです。古い地下鉄の駅はまだ階段しかない出口もあるようですが、幸いそういう駅は使わずに済んでいます。

バスもステップが少なく、昔のバスに比べたらはるかに楽に乗り降り出来ます。

このように、こんな足になってから、駅などの設備を細かく見るようになりました。

ただ、駅のエスカレーターの使い方で疑問を抱くようになりました。続きは次の記事で。

 


コメント

送信フォーム

入力エリアすべてが必須項目です。

内容をご確認の上、送信してください。

※メールアドレスは公開されません