歯のケアと退職と蒙古タンメン中本

別の派遣元の案件が決定したため、元の会社には退職の意思を伝えました。
そして2月15日、退職の手続きと挨拶を行いました。

新横浜駅前の歯科「リーデンタルクリニック」で歯のクリーニング

会社の保険証を返却する前に、病院にかかりました。歯の検査とクリーニングを最後に受けたのが去年の3月でしたので、これを機に検査とクリーニングを受けようと歯科医に予約を取りました。

歯医者は歯を治すところでもありますが、それ以上に大事なのは日々のケアです。このあいだ観たテレビ「カンブリア宮殿」で、予防歯科のパイオニア「日吉歯科診療所」が取り上げられていました。別の番組「プロフェッショナル仕事の流儀」でも日吉歯科診療所が取り上げられていて、それも観ていましたので、改めて虫歯にならないよう口の中を清潔にする大事さを認識させられました。

ちなみに、日吉歯科診療所は山形県酒田市にあります。横浜市港北区にはありません。

虫歯を削って埋めたとしても、口の中のケアが行き届いていなくて、細菌が繁殖すれば、すぐに再発してしまいます。最悪抜歯や入れ歯などになってQOL低下を招きますし、虫歯菌を含んだ唾液を誤嚥して肺炎にかかるケースもあります。

しかし多くの歯医者や、歯医者にかかる人は、病院では歯を治すところと言う認識です。歯医者は歯を治すだけで、口の中を綺麗にしないと再発してしまうことを患者に徹底的に認識させるところはまだ少ないです。レントゲン撮影や口の中の撮影により、経過を観察し、日頃のケアがどれくらい行き届いているかを患者に見せた上、どのような日頃のケアが大事か指導することができ、また定期的な歯科検診とクリーニングを促して実行させる歯科医と患者が生き残っていくのではないでしょうか。そして歯科衛生士の役割がこれから重要になってくると思います。

私が今回かかったリーデンタルクリニックでは、歯をレントゲン撮影して親知らずのリスクを把握し、歯科衛生士さんが1時間近くかけて歯石の除去やケアを行ってくれました。以前のかかりつけの歯医者さんではドクター自らによる20分程度のケアでしたので、いかい念入りなケアだったかを物語っていますし、リィデンタルクリニックが歯の治療同様歯のケアに力を入れているかを認識できました。

また、保険が適用されたおかげで、レントゲンの検査を含め、3500円程度の負担で済みました。これも安心ポイントです。今後は司会に行くのは年一回だけではなく、半年に一回以上に増やしたいと思います。親知らずや虫歯で歯医者にかからないようにするためにも…

会社へ最後の挨拶

新横浜で菓子のパッケージを購入しました。今度の帰社日に社員へ配られることを想定して、40個入りのものを選択しました。
そして町田の本社へ向かいました。

身を整えて扉をくぐり、保険証を返却して離職証明書と交換してもらい、退職のいきさつを話しました。
これから1年はWeb制作の仕事で経験を積みたいと言うこと、私が会社を辞めたことを後悔させたくなるくらい会社が成長していることを期待していること、脚を怪我してしまって会社に迷惑を掛けてしまったことなど。

今度の帰社日に参加したときに保険証を返すことも考えたのですが、私が退職することを大々的に発表されるのは恥ずかしいので、静かに去りたかったのです。

経理担当の女性とは帰社日に写真を披露していろいろ話をしていたので、個人的にお友達になれなかったのが心残りですが、夢と希望を懸けて戦う決意を新たに会社を去るのでした。

蒙古タンメン中本 町田店

会社を後にすると、町田へ来たら立ち寄りたいラーメン屋「蒙古タンメン中本」町田店へ行きました。
2:00を過ぎていたので、町田店限定の「チャーハン」が注文できました。
ここのチャーハンと激辛麻婆豆腐の組み合わせは私のお気に入りです。チャーハンも激辛麻婆豆腐もおいしく、しかも両方で630円とリーズナブル。両方ともラーメンに対するサイドメニューという扱いなのですが、麻婆豆腐は蒙古タンメンとしてラーメンにかけて食べるより、ご飯と一緒に食べたい。でもミニ麻婆丼は小さくてものたりない。そんな願いを叶える組み合わせが麻婆チャーハンだったのです。
詳細は「蒙古タンメン中本 町田店」を参照してください。

なかなかお冷やを出してくれなかったので、「激辛麻婆豆腐を水なしで食べて欲しいという挑戦なのか?」と思いました。私は唐辛子がのどにひっつく事故を起こすことなく、難なく完食できました。どんぶりをカウンターに置き、「お冷やください」と若干優越感に浸っていたのでした。

国民健康保険への切り替え

健康保険証を失ったので、その足で大倉山の港北区役所へ行き、保険証を発行してもらいました。
しかし、すぐに就職し、失業給付をもらうわけではないため、「健康保険料(税)の軽減」がうけられず、保険料が3ヶ月で55000円かかるとのこと。
これから時給で働くことになるため、これと国民年金の保険料をくわえると、結構な負担となります。
予算をしっかり組んで、生活を切り詰めなければならないことを認識させられました。

しかも退職したのが1月21日という扱いになっているため、会社の保険証は使えないことになっていたのです。2カ所の医療機関に支払いをしているので、切り替えをしないといけません。面倒なことになりました。

また、1月21日から今日まで離職という扱いであることを知っていれば、1月21日に失業の手続きをして、失業給付を受けることができたのではないか。もう再就職が決まっているので、あとのまつりです。仕事の契約が切れたら、失業と同じ待遇になると言うことを会社は認識させて欲しかったです。


コメント

送信フォーム

入力エリアすべてが必須項目です。

内容をご確認の上、送信してください。

※メールアドレスは公開されません