Animate CC(旧Flash)はイラストレーションに使えるか

Flashの前身、Smart Sketch・FutureSplash Animator

私はFlashの前身であるSmart Sketchのころから、ドローイングツールとして愛用していました。ペイントツールのように鉛筆、消しゴム、バケツなどのツールを用いるのに、書き出されるのはIllustratorで使用するベクター画像なので、ラスター画像のように拡大してもぎざぎざが目立たつことがありません。

イラストレーターであるまつむらまきおさんは、Illustratorでファンシーなイラストを描いていましたが、Smart Sketchを併用するようになりました。たしかにまつむらさんのイラストはSmartSketchのようなドローイングツールに適したイラストなので、相当作業効率が上がったのだろうなぁと思いました。

その後もSmart Sketchは、FutureSplash Animator、Flashと名前を変え、今年Animate CCに名前を変えました。まつむらさんは、MacromediaがAdobeに買収されるまでのFlashに関する本を執筆していて、そこでイラストレーションやアニメーションの紹介をなさっていました。

そんな私もまつむらさんのイラストにセンセーションを受け、私もSmart Sketchを導入したわけです。

私が描くイラストがベクター画像で、当サイトで公開されている同人誌がPDFなのも、Illustratorで線を描き、Flashで網を伏せ、Illustratorに戻って仕上げるというワークフローが元になっているのです。

Macromedia がAdobeに買収されて

ユニークなドローイングツールであることには変わらず

FlashはWebで配信するアニメーションを作るツールとして広く知られるようになりました。私も同人誌のプロモーション動画を作成するのに活用いたしました。

しかし、私はFlashがアニメーション作成ツールであるとは認めていません。
なぜなら、Flashをドローイングツールとして見ても、ユニークであることは変わらないからです。

線を鉛筆ツールやペンツールで描き、線で囲まれた部分をバケツツールで塗ることができます。Illustratorでも「ライブペイント」という機能がありますが、それを使うと独立したオブジェクトになってしまい、編集に制約が出てしまいます。その点Flashでは図形、塗りの区別無く、囲まれている部分だけにバケツで色を塗ることができます。

あと、鉛筆やペンツールで描いたラインを、選択ツールでつまんで曲げることや、スムージングをかけることができます。鉛筆で描いた線が多少ゆがんでも、その線を選択してスムーズにすることができます。このファジーな感じはIllustratorでは真似ができません。

Illustratorとの親和性が悪くなる

ところが、アニメーション機能に特化するという選択をしたことで、Flashの使い勝手がどんどん悪くなっていきました。

中でも、Adobe Illusrtor書類の読み書きができなくなったのは決定的です。Macromediaの頃はできていたのに…

Flash CS6あたりになると、せっかくFlashでイラストを作っても、ベクター画像に書き出すことすらできなくなりました。

これはFlashは「アニメーションを作るのに使うもの」と完全に決めつけてしまっている証拠です。

Flashで制作したアニメーションを、フィルムコミックやポスターなど、メディアミックスを行う場合はどうやっているのでしょう。

Flash CCではSVG書き出しができる

SVGとは、xmlベースのページ記述用語で、Webなどで公開するのに適したグラフィックのようですが、セキュリティ問題の懸念があり、WordPressでは対応しておりません。

FlashからIllustratorで編集できるベクター画像を書き出すには、この方法しかないようです。

Adobe Animate CCで強化

Animateって

名前がAnimateに変わったので、ああ、もう完全にアニメーションを作るツールなんだな。完全に印刷を考慮しなくなったのかなと失望し、しばらくアップデートしていませんでした。

しかし、Adobe Animate CCのサイトを読んでみると、そうでもなさそうでした。

Illustratorファイルの読み込みが強化

Illustratorファイル(.ai)の読み込みがサポートされました。末期のFlash CCでも対応していましたが、さらに強力になったとのことです。

レイヤーを保持したい状態での読み込みができますので、レイヤーごとに書き出す必要が無くなります。

Illustrator並みに使えるペンツール

まったくIllustratorと同じではありませんが、Illustratorと同様のツールが揃い、ベジエ曲線をIllustratorと同じように描くことができるようになりました。

これはありがたいです。わざわざIllustratorで下書きをしてからFlashに取り込んでいましたが、これからはAnimateで直接描画することができることが期待できます。
animateCC1

相変わらずIllustrator(.ai)で書き出せず

しかし、できあがったアートワークは、SVGで保存するしかありません。
Macだと印刷>PDF保存ができると思いましたが、印刷すらできません!

あくまでも最終的な成果物はアニメーションであることには変わりは無いようです。

SVGをIllustratorで読み込むと、レイヤー構造を保持できず、同じ色で塗ったオブジェクトが、単一のオブジェクトとして扱われるのは不便です。

試しにAnimateで描いてみたのがこちらです。
AnimateCC作例
また「この美術部には問題がある!」の宇佐美みずきですが…

まとめ

  • Animate CCは読み込み・描画機能も強化され、グラフィック目的でも乗り換える価値はある。
  • 書き出しはシンプル。ベクターを保持する書き出しはSVGのみ。

コメント

送信フォーム

入力エリアすべてが必須項目です。

内容をご確認の上、送信してください。

※メールアドレスは公開されません