Apple Watch & iPhone購入計画

大きな画像はこちら 前回の記事では、Apple Watch Series 3が「カメラなし携帯電話」としての可能性に着目し、購入と契約をすることになりました。

カメラなし携帯電話になれるか? AppleWatch Series 3はどうだろう

2017年9月13日未明、AppleからiPhone X・iPhone8・Apple TV 4Kなどの新製品が発表されました。 そのなかで最も気になったのが、Apple Watch Series 3でした。 それ以前のApple Watchは、iPhoneの「受話器」になれる時計でしたが、残念ながらiPhoneで設定を行い、iPhoneが近くにないと使えませんでした。 しかしSeries 3では時計自体にSIMを搭載しているため、iPhoneを家に置きっ放しでも通話ができ、iPhoneからの独立性が上がっています。 Apple Payにも対応し、電子マネーSuicaも扱えます。 Bluetoothヘッドセットも使え、ハンズフリーでの通話が可能です。 当然カメラも搭載されていないため、物理的セキュリティ対策にも有効です。 これはぜひとも導入してみたくなりました。 しかし、気になるところがたくさんありました。

iPhoneなしでどこまでできるのか

Apple Watchはペアリングからアプリのインストール、設定の変更までをiPhoneで行います。 当然キャリアとの契約が有効なiPhoneがないとApple Watchは何もできません。 iPhoneがなければシステムのアップデート、アプリのインストール、Walletアプリによるクレジットカードの登録・削除・サーバへの退避もできませんし、時計の外観の変更もできません。 一回設定してしまえばiPhoneは処分しても大丈夫なのか、レンタルしたiPhoneでもできるのかと考えましたが、それはやめて置いた方がいいかもしれません。 Suicaでの決済はできます。改札も通れます。 しかし、グリーン券の購入やチャージなどの操作はiPhoneで行う必要があります。 Watch内で「チャージ」のボタンはあるのですが、App内で対応するカードでないとできませんでした。 それでも、iPhoneを持ち運ばなくてもApple Watch Series 3だけでできることは多そうです。

Apple Watch Series 3契約のために必要なもの

Apple Watch Series 3を契約するためには、以下のものが必要になります。

Apple Watch Series 3
Apple Watch Series 3そのものは必要です。Apple公式サイトや携帯電話3社などで入手してください。日本で入手できるApple Watch Series 3は、ペアリングするiPhoneのSIMのキャリアに合わせてeSIMの契約先を選んでくれますので、「docomo用」とかいうのはありません。
iPhone
Apple Watch Series 3を契約するためには、最新のOSが入っているiPhone6以上が必要です。iPhoneがなければ、eSIMの契約も、ペアリングもできません。ペアリング後もWatchアプリのインストールも、アップグレードも、多くの設定もiPhoneで行います。iPhoneがないといざというときに復旧できませんので、レンタルでまかなうことや、処分することはおすすめしません。
iPhone用SIM(docomo、au、Softbankいずれかの契約)
Apple Watch Series 3のeSIMの契約には、iPhone用のSIMがdocomo、au、Softbankいずれかの契約であることが必要です。格安SIMと呼ばれているようなMVNO(仮想移動体通信事業者)では契約ができません。

Apple Watch & iPhone購入計画

Apple WatchはApple公式サイトで、iPhoneは中古携帯電話ショップムスビーで購入しました。 キャリアはいままでつかってきたdocomoではなく、auです。 なぜ変更になったかと言いますと、docomoでは私の契約方法だと最もデメリットが大きく、auだと月々の使用料が安く抑えられると判断したからです。 2016年12月に4年目を向かえたので、2018年1月にキャリアを変更すれば解約違約金がかかりませんが、au用とdocomo用iPhoneを買う手間と月々の利用料の差を考えると、違約金を支払ってもなおメリットが生じると判断しました。 別の記事で、apple watch series 3で使うiPhone用SIMの料金プランについて調べてみた結果を記載します。

eSIMの契約はショップで行う必要はない

Apple Watch Series 3を使用するのに誤解していたのは、Watch用のeSIMの契約をショップではなく、iPhone上で行うことでした。 日本国内ではdocomo、au、Softbankのいずれかと契約したiPhoneと、ペアリングの行われたApple Watch Series 3で可能です。 ショップの店員さんとeSIMについて話をしていて、サポートセンターへ電話してapple watch series 3を扱っているショップを探して契約してほしいということを言われて電話をしたのですが、サポートセンターもeSIMの契約はやっていないということを言われました。 私は、「ナンバーシェア」などの申込はiPhoneを契約した時に別途申込みが必要であると思っていましたが、apple watch series3を設定した人のブログなどを見て、「docomo、au、Softbankのいずれかと契約したSIMが入ったiPhoneだけで可能」であるとやっと理解できました。

購入しようとしたiPhoneが「充電不良」値切って安く購入

中古ショップで、私が購入しようとしたiPhoneが実は充電不良と言われました。しかし私の使用方法では全く問題はありません。 なぜならば私はapple watch series 3を動作させるのに必要な設定を行うためにiPhoneが必要だっただけで、iPhoneが欲しかったのではないからです。 ショップとしては不完全な形で出荷するのは問題だろうと思いましたので、一旦キャンセルしてこれがジャンク品として出品されれば購入したいと伝えました。 すると値切りに応じてくださったので、運良く安く購入できました。 格安スマホだとか、iPhoneがお得に購入できますよとかありますが、そういう購入方法を行うことでiPhone自体にいくら払っているのかが見えづらくなるのは好きではありません。 iPhone自体7〜8万円するのに、「実質0円!」なんてのぼりを見ると悲しくなります。 もし私がiPhoneを欲しければ、Apple公式サイトで購入し、格安SIMを契約して使います。 しかし、今回はそういうケースには当てはまりませんので、iPhoneが安く手に入れることにこだわってしまいました。

iPhoneが届く

ついにスマホデビュー! って話になるのですが、私にはそんな心ときめくような要素はありません。 SIM契約前にOSを最新のiOS 11にしようと思ったのですが...SIM(au用)がないので設定できないとは。 iPod Touchだったらもっと簡単にできるのに。iPhoneって難しいです。 これではSIM契約しても、すぐapple watchが動作するかの確認ができません。

いざNMP&契約

携帯電話のキャリアを替えたのは二回目ですが、NMPは初めてです。一回目はPHSから携帯でしたから、NMPは使えませんでした。 my docomoでナンバーポータビリティの申込みを行い、数日すると予約番号が発行され、my docomoで見ることができるようになります。 新しい携帯電話会社へ持って行き、この番号を知らせて契約すると、電話番号を変えることなく新しい携帯電話会社へ乗り換えることができます。 実店舗による解約申込みは不要なのがうれしいです。 電話番号を変えなくてもキャリアを乗り換えられるのは便利です。 多分私の携帯電話に電話をすると、着信時の音が違っているのでそれで分かるようになるでしょう。あとi-mode用のメールアドレスがなくなったことで気づくかもしれません。

apple watchを使う

iPhoneとのペアリング

最新のiOSが搭載されたiPhoneにはwatchというアプリがあります。そこでapple watch series 3とのペアリング、アプリのインストール、アップデート、アプリの設定などが可能です。 まずapple watchを起動し、iPhoneのカメラでapple watchに映っている宇宙っぽいアニメーションを読み込ませます。 ※「iphoneを近づけてください」の画面ではありません。ここからiボタンを押して先へ進んだ後、言語の選択を行ってください。

eSIMの契約

apple watchアプリの「モバイル通信」をタップすると、SIMのキャリアが表示されます。そこから先へ進み、PINコード(iPhoneのSIMを契約したときに設定した4桁の暗証番号)を入力して、eSIMの契約を行います。 しかしSIM契約当日は契約できません。翌日9:00を待ってから契約する必要があります。

Apple payの設定

WalletにSuicaやクレジットカードなどを登録するのですが、うまくいきません。Apple payの設定でうまくいかない理由を別ページにまとめました。

Wi-Fiの設定

iPhone側で設定します。やりかたはiPhoneで使用するWi-Fiのアクセスポイントに接続するだけです。 自宅のWi-Fi、iPad(インターネット共有)などです。 iPhoneの電源が入っていない時や、iPhoneが手元にない時は、iPhoneが接続したことのあるWi-Fiに接続してインターネットから情報を得るため、携帯電話回線に比べて省電力となります。 逆にiPhoneが近くになく、Wi-Fiもない場所では、携帯電話の回線を使用します。

Bluetooth

Bluetoothヘッドセットなどの機器の設定は、Watch側で可能です。iPhoneで使うBluetooth機器が使えるということではありません。